新潟大学大学院 技術経営研究科(新潟大学MOT)
新潟大学大学院技術経営研究科(新潟大学MOT)は、経営品質を持続的かつ革新的に向上しうる能力とスキルを有する高度専門職業人を育成。

新潟大学大学院技術経営研究科(新潟大学MOT)は、新潟地域の産業が抱える、「いかに科学技術の成果を、自社の技術コンピタンスや市場と結びつけるか」という課題を、技術と経営の融合に基づく統合的マネジメントの視点から解決できる人材を目指します。実務経験をもつ社会人を主対象とした夜間・週末教育とし、社会科学と自然科学の知の融合を目的としたケースの利用、グループワーク、テクニカル・ビジットの実施などで、学生の意思決定能力を高め、実務家教員による実践的な教育を徹底して行います。

特色

  • 技術経営の体系を、実務的かつ学術的に学ぶための教育プログラム
    - コアと発展プログラムには、新潟地域企業が抱える課題にリンクした課題分野を設定。さらに各課題分野には、教育分野を配置しています。
  • 仕事を学びの両立を可能にする、充実した学習環境や履修制度
    - Web講義、院生専用の自習室、4年間まで履修可能な長期履修制度。

カリキュラムと募集要項

カリキュラムと募集要項については大学院サイトよりご覧ください。

カリキュラム
募集要項
MOT大学院一括資料請求