山口大学大学院 技術経営研究科
地域経済の自立的発展と、連鎖的イノベーションの創出を推進できる人材を育成。

日本の各地域には、優れた技術シーズを持ちながら戦略的な事業拡大に繋がらない中小企業や、専門分野の知識と実践能力をもつ人材を抱えているものの、地域におけるイノベーション創出に繋げられない中核企業が多く存在します。

これらの企業に欠けているのは、経営者を技術経営の立場で支援する人材や、複数の技術分野を横断的に俯瞰できる戦略的マネジメント能力を持つ人材です。 山口大学専門職大学院技術経営研究科(専門職大学院)では、MOT(技術経営)教育を通して、技術と経営の双方に精通し戦略的思考ができる人材を育成し、地域経済の自立的発展と連鎖的なイノベーションの創出を目指します。

アドミッションポリシー

「教育理念」「目標」

科学技術及び企業経営の普遍的原理並びに最新の知識を統合し、イノベーションを持続的に創出するためのマネジメントの研究を行い、もって総合的・学際的な知識・教養・倫理観に立脚し、自身の課題並びに地域及び地球規模での資源の最適利用を考え、判断する能力を持つ人材を養成することを目的とします。

求める学生像

  • 企業、組織、地域、国内外などで自らが中核となってイノベーションに携わり、成果の創出や活用を目指した取り組みをしようとする人
  • 企業経営や組織運営において、戦略的な視点から技術を活用した価値創造や経営課題解決に意欲を持つとともに実践に必要な理論や手法を習得して、自ら経営にあたる、経営層を補佐する、将来に向けて経営の一翼を担おうとする、などの意志を持つ人
  • 知的資産の創出と活用、蓄積した業務経験の活用や体系化などに基づく新規起業や事業・職務の遂行における高度化などに挑戦的に取り組もうとする人

カリキュラムの特徴

本研究科のカリキュラムは基盤科目、展開科目および応用・演習科目から構成されています。基盤科目では技術経営の基本的な考え方、また技術経営に関する専門知識を習得する上で基盤となる知識とスキルを修得します。展開科目では基盤科目で修得した知識とスキルをベースに、マネジメント、知的財産、財務、地域、技術戦略など、各分野の専門知識を学びます。応用・演習科目では実践的な課題に取り組むことによって、思考力とスキルの向上を図ります。

個人別の履修指導

本研究科では入学時に受講生の経歴と希望を考慮した履修指導を行い、高度の戦略的思考力とスキルを備えた技術経営人材の育成を目指します。

地域に根ざした教育

本研究科のカリキュラムの特色の一つは、「地域」に関する科目を開設していることです。「地域経済論」と「地域イノベーション論」では、特に西中国地域を題材として地域におけるイノベーションと産業活性化について講義を行います。

カリキュラムと募集要項

カリキュラムと募集要項については大学院サイトよりご覧ください。

カリキュラム
募集要項
MOT大学院一括資料請求